静岡始めました

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ポール・デルヴォー展 夢をめぐる旅」@浜松市美術館

<<   作成日時 : 2013/06/16 16:40   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 9

 浜松で用事のあと、ちょっと時間があったので浜松市美術館で開催中の「ポール・デルヴォー展 夢をめぐる旅」に飛び込んだ。閉館まで1時間ちょっと… でも、点数もさほど多くなかったのと、時間的に空いていたこともあってじっくり見ることが出来た。
画像


 若い頃はそうとうに右往左往しているようで、ピカソっぽいのとかモジリアーニ風の絵もある。それが、このポスターの絵「夜の使者」のように大きな目の視線を無限の彼方に向けたように無表情な女性達を描いたものになってくるのが面白い。
 しかも、みんな同じ顔… 若い頃に両親の反対で分かれさせられた女性、タムさんの面影らしい。どおりで画面が冷たくて、し〜んとしてるはずだわ。かなわぬ夢を描き続けていたわけだ。
 ところが50歳にしてタムと再開し、めでたく結婚しちゃうって意外なハッピーエンド。2人が出したグリーティングカードを見ると、ほんとうに幸せだったようだ。勝手にしやがれ(笑)

 デルヴォーは1897年生まれで、亡くなったのが1994年だから享年96歳、随分と長生きだ。晩年、視力がかなり怪しくなっても書き続けたそうで、89歳で最後に書いた絵が展示されていた。これが、なんか脂っ気が抜けた感じで良いんですね… 
 この年、タムさんが亡くなり画家は筆を置いた。なんだか出来すぎた人生だな…

 この展示会も昨年7月から鹿児島、府中、下関、埼玉、岡崎と全国を巡回していたようだ。この浜松市美術館(2013年6月1日 ~ 7月15日)のあと、秋田市立千秋美術館(2013年7月20日~ 9月1日)であがり。このチャンスで見ることが出来てラッキーだった。
 
 ところで、こんな絵を他でも見たことがあるな〜とモヤモヤしてたんだけど、谷山浩子がこういう感じの絵本を出してたな… 谷山さんのページを調べたら、確かに「好きな画家はエルンスト、タンギー、ダリ、クノップフ、デルヴォーなど」と書いてあった。

悲しみの時計少女
復刊ドットコム
谷山浩子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 悲しみの時計少女 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

プリキャンバス複製画・ギャラリーラップ仕上げ(6号サイズ)
グーピルギャラリー
プリキャンバス複製画は、油絵用キャンバス木枠に布製複製画を張った商品です。 ”ギャラリーラップ仕上げ


楽天市場 by プリキャンバス複製画・ギャラリーラップ仕上げ(6号サイズ) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




 追記:あら、少佐さんも行ってたのね ^^ ポール・デルヴォ― 夢をめぐる旅(府中市美術館)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
>勝手にしやがれ(笑)
wwww リア充氏ね(-_-x)凸 って感じですよね(笑)

(デルヴォーと関係ないですが)あんまりイメージなかったけど、浜松って餃子が有名なんですよね。彩季堂さんのラーメンレポートはおなじみだけど、ラーメンには付きものの餃子レポートはあまり見た覚えがないのでぜひよいところがあったらお願いしますw。浜松はちょっと仕事で縁もあるので寄れる可能性が高い。去年も浜松駅でかなり明るい流れ星見たっけ☆彡
少佐
2013/06/16 18:03
少佐さん
せっかく格調高い美術展レポート書いたのに餃子かい(笑)
えーと、浜松餃子、実は浜松のお店では一回しか食べたことないんですよね〜 フライパンに丸く並べて、もやしと一緒に焼くのが特徴ですが、味の方はあんまり印象がない… ^^;
近所のスーパーでも浜松餃子っての売ってるけど、もやしが乗ってるだけです。(こんなこと書くと、浜松の人に怒られるかな… お怒りの浜松人がおられましたら、美味しい浜松餃子の情報を下さい ^^) 
浜松は近いようですが、市の中心部はインターからのアクセスが悪くて静岡市内から2時間近くかかるし、せっかく浜松方面に行ったんだったら、餃子よりウナギでしょうって感じかなあ。
まあ、あれだけ宣伝してるんだから、少し調べてみようかしら。私も今年はちょくちょく浜松へ行くことになりそうなので。ウナギ、高いし(笑)
彩季堂
2013/06/16 20:36
あいや、デルヴォーは自分のブログで十分語ったので付け加えることがもう…(苦笑)。
浜松ギョウザレポート早速ありがとうございますっ(`・ω・´)ゞ(もちろん、そのうちいいお店見つけた時でよかったのにw)。やっぱり何となく宇都宮の方が餃子での知名度は高そうな。でもそういえば、競り合ってたのは消費量だったっけ。
少佐
2013/06/16 21:23
浜松の餃子は消費量は多いですが、ならではの特別なレシピは無いので、店によって当たり外れは激しいだろうと思います
磐田になりますが、「とれたて元気村」に置いてある近くの専門店による冷凍餃子が美味しいです
「生の餃子」の専門店で、店舗の方では大体昼のはに地元の人によって売り切れるのですが、ここでは午後でも手に入る事もあります
NAO310
2013/06/16 23:44
今度は浜松ですか、
お忙しそうで充実の日々ですねっ♪
彩季堂さんの語りを読んでますと、芸術がわからない私も見てみたくなりますよ。
作品は作者の人生を重ねてさらに生きてきますものね。
美術館より私には魅力的なギョウザの話が。。。笑
食べたい〜〜
駿河の杏
2013/06/17 11:44
先に知ったかぶりして書いてましたが、持ち帰り専門の餃子店は「餃子のまるかわ」というらしいです
外観は「廃業したラーメン屋」(実際、そこへ居抜きで入ったらしい)で、その日の分を売り切ると閉店なので、午後には大体店じまいするようです
NAO310
2013/06/17 12:19
NAOさん
「餃子のまるかわ」@磐田ですね。調べてみたら、随分と評判が良いお店のようですね。磐田のららぽーと、たまに行くのでちょっと寄ってみようかな。
彩季堂
2013/06/18 13:32
杏さん
貧乏性なのか、どこかに行ったときにそのまま帰るのはもったいないような気がして…(笑)
初めての土地に行くと、そこの美術館か博物館、動物園か水族館に寄ってくることが多いです。そのわりに静岡の動物園にはまだ行ってないんですけどね〜 ^^; 
彩季堂
2013/06/18 13:38
ひとつ大人になったワタクシは、
足穂の世界に近いものを目指したいです。

きょうは、ありがとうございました。
七海
2013/08/29 17:51

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「ポール・デルヴォー展 夢をめぐる旅」@浜松市美術館 静岡始めました/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる